Senobi

RWとWWとIBとP4C

IBの授業づくりを説明する

IBの教科リーダーや、校内の授業研修を担当しています。

そのため、4月最初には、新任の先生や始めてIBの授業を受け持つ先生に対して、IBではどのように授業を設計するのかを説明し、理解してもらわなければなりません。


私も学びながら、試行錯誤しながらではありますが、今の理解の範囲で、年度初めに他の先生方にした説明は次のようなものです。



(授業経験のある先生方へ)

みなさんは、これまでどのような手順で授業を設計していますか?

(新任の先生へ)

大学の授業や教育実習で、どのような手順で授業を計画してきましたか?


まず教科書の中から教材を選んで、教材分析をして、問いや課題を考えていくと思います。

指導案には、その教材を通して身につけさせたい力や、学習指導要領に沿ったねらいを書きます。


このやり方で単元を設計すると、一つの教材で一単元、ということが多くなります。「走れメロス」で5時間、といった具合に。


IBでは、単元(ユニットと言います)をもっと広くとるのが一般的です。


設計の順番として一番違うのは、その単元を通してどのような探究をしたいのか、どういうことを考えさせたいのか、どんなことを理解してほしいのか、そういう目標を先に立てるということです。

これを「探究テーマ」と言います。


例えば、「論理的であるとはどういうことか」とか、

「読者は小説を通して教訓を読み取ることがある」

というように、抽象的で懐の広いテーマを設定します。


これは授業を計画する教師が自由に設定することができます。

「探究テーマ」は、一つのテキストにとどまらず、概念的であることが求められます。

(その時に用いる「概念」については、また後日説明します。)


そういう「探究テーマ」を立てた後で、

どのような学習活動や課題を通してそれを達成するか、

そのためにどういうテキストを使うか、

という順番でユニットを設計していきます。


単元(ユニット)を設計する順番が異なるのです。


一つのテキストから設計を始めると、発想がそのテキストの中だけでとどまってしまい、別のテキストと結びつけたり、探究的な課題を考えるのが難しくなります。(一つのテキストの深掘りになりがち)


最初からテーマを広く取っておくと、複数のテキストを結びつけたり、探究的な学習活動が思いつきやすくなったりします。


もちろん、このテキストを読ませたい、というところからスタートしてユニットを組むこともあります。

ただ、その場合でも、そのテキストを通してどういう探究テーマが立てられるか、概念的に考えることを忘れないようにしてください。



-と、こういった話を最初にしました。

いきなりIBとは…概念とは…といった概論から入るより、

こうした具体的な授業づくりの話から入った方が興味が持てて、理解が早いのではないかと思いますが、いかがでしょうか。




漢字の学習法を見直す

新学期に入り、生徒に不安なこと、今年度期待することを聞いていたら、

漢字が書けない、苦手だからどうにかしたい、という意見が多く出ました。


教科書の新出漢字や、漢字ドリルから範囲を決めて漢字テストを行ってきましたが、生徒の自主努力に任せっぱなしで、たいした指導やアドバイスはできていませんでした。


一部の真面目な生徒は事前に準備、練習してくるし、普段から新書などを自分で読んでいる生徒はあまり勉強してこなくてもできます。


逆に、テスト直前に慌ててテキストを開き始める生徒は、仮に短期記憶で少しは書けたとしてもすぐに忘れてしまいます。最初から諦めて何も勉強しない生徒も多くいます。


こちらとしては、再テストなどで対応するのですが、どうも徒労というか、効果を感じません。


教員生活もずいぶん長くなってきましたが、いまだにこんな体たらくです。

そこで、今年度は、思い切ってやり方を変えてみたいと思っていました。


そんなタイミングで見つけて、参考にさせてもらったのが、土居正博『クラス全員が熱心に取り組む!  漢字指導法 -学習活動アイデア&指導技術-』(明治図書、2019)です。

小学校での実践ですが、中高でも使える内容がたくさんありました。


本書では、「漢字が書けるとはどういうことか」という根本的な問いに立ち戻り、「漢字練習(文字学習)」と「漢字活用練習(語彙学習)」を明確に区別して指導するアプローチが紹介されています。


この本では、漢字学習のステップを、


1  見慣れる

2   読める

3  大体の形が分かり、書ける

4  とめ・はね・はらいなど正確な形が分かり、書ける

5  様々な使い方が分かる

6  自分が作文で書くときなどに自在に使いこなせる


の6段階で整理していました。1〜4が文字学習の段階、5と6が語彙学習の段階、に当たります。


私もこの本を読む前に、似たようなことは考えていたのですが、段階を示してそれに即した学習法を提示する、というアプローチまではできていませんでした。

この本を読んで、その有効性が分かった次第です。


今回、漢字に苦手意識を持っている高校生に対して、自分の勉強法をもう一度見直してみよう、という話をしました。


私の場合は、「漢字を知っているとはどういうことか」という問いを生徒と共有した後、次の五段階で説明しました。


0  読めない、見たことがない

1  読める

2  文章中で意味が分かる

3  自分の作文で使える

4  書ける


そして、まずは0→1にするために、テキストに出てくる漢字を音読すること、

1→2にするために、テキストの例文や語句の意味を音読すること、辞書を引くこと、

2→3にするために、テキストの例文以外の短文を書いてみること、

といった勉強法を紹介しました。


ほとんどの生徒は、漢字テストの直前に慌てて覚えようとするため、まずテキストを読んで言葉として漢字の意味を理解する、というステップをすっ飛ばしています。

まずはこのステップにじっくり時間をかけよう、そうすると3→4の勉強をした時に忘れにくくなるよ、という説明をしました。

ほとんどの生徒が、こういうことを考えたことがない、といった感じで新鮮な反応でした(こちらも、こういったことを伝えることができていなかったことを反省しました)。


根本に立ち戻り、勉強の仕方をゆっくり一緒に考えることで、モチベーションアップにもつながったと思います。

あとはこの熱を冷まさないように、教師が継続的に声がけし、勉強をサポートしていく必要があります。



1週間遅れの授業開き

ようやく通常授業を開始することができました。先週お休みしていた関係で、教科担当者同士の相談が不十分だったり、シラバスや単元計画が未完成だったりと、どたばたの中でのスタートとなりました。


そういう状況でもあったので、慌ててやってもしょうがないと思い直し、授業開きはゆっくり対話するところから始めました。


去年から継続で受け持つクラスでは、去年の取り組みを通して成長したと思ったところ、逆にまだ不十分だと思うところを、私の方からまずは話しました。

その上で、

「今不安に思っていること」

「今年度の授業に期待すること」というテーマで対話をしました。


クラス替えをしたばかりでもあり、みんな遠慮しがちにぽつぽつと話をしていく感じでした。

不安なことは特にない、という生徒も割に多くいましたが(話したくないだけかも)、

高校2年生ということもあり、大学進学のこと、成績のこと、将来やりたいことがない、などの話題を挙げる生徒が目立ちました。


今年新しく受け持つ高校1年のクラスでは、私の自己紹介を終えた後、同じような対話をしました。

こちらは、まだ大学入試が遠い分、好きなことが見つからない、成績をどう上げたらいいか、文系理系やDPに行くか行かないかをどう決めたらいいか、などの不安が挙げられました。


いずれのクラスでも、最後に私の方から、今年度はもう一歩踏み込んで問う習慣をつけていこう、という話をしました。

例えば「英語ができるようになりたい」と思ったのであれば、「じゃあ『英語ができる』ってどういうことだろう」「英語ができるようになるためには何をしたらいいのだろう」というように、一つ考えを深めるための問いを大切にしていこう、という具合に。


今年度も対話を中心に授業を設計していきたいと思いますが、私の方でも、こういう一歩踏み込む問いを大事にしていきたいと思います。

最初にゆっくり対話をして、気持ちを揃えていくのは、教師同士の新年度ミーティングに限らず、授業開きとしても良いものですね。

4月の会議づくし

3月終わりから体調を崩していましたが、4月入り、いきなりインフルエンザにかかってしまいました。

いろいろあって抵抗力が落ちていたのが原因かと思います。


その原因の一つかもしれないのが、4月当初からひたすら続いたさまざまな会議、打ち合わせ、ミーティングの類。

ほんといろんな種類の話し合いがあって、普段話好きの私もくたくたになりました。


なぜこんなに会議が多いのか。

もちろん、やって良かったと思う会議もありますが。ただでさえ忙しいのに、このタイミングでなくても良くない?  と思うような会議もあります。

会議だけをしていれば良いわけではなく、教室の環境整備に、シラバス作りや授業準備など、他にもやりたいことはたくさんあります。


やって良かったと思うのは、次の二つです。


(1)職員全体で、学校の教育目標、現状、課題の確認


4月最初の職員会議で行われましたが、これは必須だと思います。

とくに年度の最初に新任の先生も交えて、学校の教育目標について共有することは大切です。

学校の教育目標が言葉だけの形式的なものになっていたり、抽象的過ぎて実際の教育活動とどう結びついているかあいまいだったりするケースも多くあると聞きます。

適切なタイミングで、自分たちの学校は何を目指しているのか、卒業までにどういう子どもたちを育てたいのか、確認する機会は必要でしょう。

4月の最初はそれにぴったりです。


(2)各教科で、どのような生徒を育てたいのか、目標を定める


私の学校では、まだスタートして年数が経っていないということもあるのですが、

教科としてどのような生徒を育てたいのか、中高6年間を通して何を身につけさせたいのか、

そういった目標の設定と共有が十分にできていませんでした。

今年度は、最初の教科会で十分に時間をとって、それぞれの先生が自分が取り組みたいこと、目指していることを話し、

上位目標というか、みんなで共有できる目標は何かについて話し合う機会を持ちました。

普段はなかなか雑務に追われ、ゆっくり話す時間が取れないのですが、こういう年度始めに抽象度を上げて話し合う時間があるのは良いことだと思います。

今回の話し合いを通して、国語科としての目標は「言葉を楽しむ、言葉を通して背骨を作る」に決まりました。

細かい価値観や手法の違いを超えて、チームとしての一体感を強めることができたと思います。


総じて考えてみると、4月にやるべき会議としては、「そもそも」について考え、それを共有する時間をたっぷり取るのが良いかと思います。

この学校は何を目指しているのか、教科として今年度取り組みたいことは何か、自分はどんな教育がしたいのか…

そういった根本的なことについて、みんなで話し合い、考えを共有し、チームワークを高めていく、そういった時間を多くとるべきです。

授業をより良くするためにどんな方法があるか、といったHOWの部分については、4月に詰め込んで研修をやるより、目標を共有した後で、1年間じっくり取り組んでいく方が良いでしょう。


さらに、4月あたまにやるべきことは、不安を極力減らして気持ちよくスタートするための準備です。

1年間の見通しを十分に立て、最初の方の単元の準備をきちんと終わらせておく。

年間を通して行いたい活動の下準備をする。

自分のホームルーム教室を整備する。

事前に生徒の情報を頭に入れておく。

個人個人でやるべきことが山ほどあります。全体研修を詰め込みすぎて、その時間が奪われてしまい、不安の中で新学期をスタートさせなけれなならないのであれば、それは本末転倒でしょう。


教育の質を高めるために全体の会議や研修時間を増やす、というのではなく、

個々の教員の連携に任せ、そのための時間をたっぷり取る、という仕組みにしていく必要があると感じました。


教師のうつへの対処法(2)

先日の記事の続きです。

周りの人に助けれた一方で、もう少しこうだったさらに良かったなと(後になって)振り返ったことです。


1、知識的として学ぶ機会を設ける


前回の記事で、スクールカウンセラーから、うつへの対処法の様々な知識を得たことを書きました。もっと事前にそういったことを知っていれば、何かが違ったのかなとも思います。


誰にでも起こりうることとして、自分がそうなったらどうするか、同僚がそうなったらどうサポートするか、管理職はどう対応すべきか、職員会議や校内研修などを利用して、みんなで学んでおく必要があると思いました。


2、職員同士の対話の機会を増やす


自分の場合は、対話の機会があり、他の人に考えを聞いてもらえたことで、受け入れられたという安心感を得ました。そしてそれをきっかけにして、だんだん回復することができました。

改めて対話の重要性を感じた次第です。


普段から、職員同士で考えを話し合い、聞き合う時間がもっとあれば、より良いと思いました。

職場では効率化が優先されて、教師間の連絡もメールが中心になってきています。

学年会や教科会などの普段のミーティングでは議題がたくさんありすぎで、まとまっていない考えや、目的の無い話をすることがはばかられます。

お互いの顔が見える状態で話し合う時間や、話すなかで考えをまとめていくようなゆったりとした時間は、働き方改革として業務の効率化を進めていくとしても、カットしてはいけない時間だと思います。

どのようにして非効率を残すのか、何が大事なのかをもっと考えていかなければならないと思いました。


3、具体的なサポートを考える


精神的にまいっている時に、「がんばろう」や「乗り越えていこう」という声をかけられると、よりダメージ受けます。

もちろんそれで励まさせれて元気になる場合もあるのでしょうが、今回の私は言われて辛かったです。

「そんなこと言われてもがんばれない」「乗り越えられない自分はダメだ」などと、さらに良くない方に考えるようになっていました。

「無理しないで休んだら」「仕事がきつかったらやらなくていいよ」これは管理職に言わた言葉です。大変ありがたく、実際休みたかったのですが、現実問題として休むことはできず、結果板挟みになりました。

担任業務、授業、部活、分掌などやらなければならないことがたくさんあったからです(その後定期考査もありました)。

自分が休むためには、これらすべての業務を他の人にお願いしなければなりません。そして、精神的にまいっている自分には、その気力自体がありませんでした。

結果、休みたくても休めない、周りからは「休んだら」と言われ続けるという状況に陥りました。


この経験で分かったことは、精神的に辛そうな人を休ませるためには、その人が抱えている仕事をすべて洗い出し、それを全部他の人に振り分け、何もしなくてもその人が休めるような状況まで持っていかなければならない、「無理せずに休んでいいよ」というためには、そこまでサポートする必要がある、ということです。

(実際には、その状態まで持っていった上で、どこまでだった無理なくできそうか、本人に確認をとるべきでしょう。仕事を奪ったり、プライドを傷つけることにもなりかねないので。)


管理職がやるのか、そういったサポート体制を作っておくのか、という問題もあります。


さて、今回、自分がその時感じていたことを振り返ってみました。

また自分がなるかもしれませんし、いつか他の人をサポートしなければならない時が来るかもしれません。今回の経験が少しでも生きればと思います。


教師のうつへの対処法(1)

3月、身の回りで立て続けにいろんなことが起こり、完全に体調を崩してしまっていました。精神的なダメージも大きく、うつに近い状態でした。


幸い、家族や同僚の助けもあり、まだ本調子ではありませんが、徐々に回復しています。


数年前にも一度、精神的にまいってしまったことがあり、その時は心療内科で軽度のうつと診断されました。

今回は二回目ということで、辛いのは変わらないのですが、一方で割と客観的に自分の置かれている状況の分析もできていました。


何かの参考になるかとも思い、個人的な内容が特定できないようにしつつ、まとめてみたいと思います。


私の場合は、次のような体調の変化がありました。

・無気力感、仕事をする、本を読む、何か書く、誰かと話す、そういったことをする気が起きなくなりました。

・体調不良、慢性的に吐き気がしたり、手足が震えたり、微熱が続いたりしました。

・睡眠不足、うまく寝られなくなりました。

・情緒不安定、急に感情的になったり、涙が出てきたりしました。


このように、仕事に行くのもやっとの状態が続いたのですが、

そのような中で、職場の仲間に助けられたなと感じたことがいくつかあります。


(1)同じ学年の先生が仕事を引き受けてくれたこと

学年の業務や、担任の業務など、私がきつそうなのを見かねて、どんどん代わってくれました。自分からはなかなかお願いしますと言いづらかったので、何も言わなくても「ホームルーム代わりに行ってくるよ、職員室にいたら」などと引き受けてくれるのは助かりました。


(2)先生方が気を遣ってくれたこと

「大丈夫ですか」などといろんな先生から声をかけてもらえました。その時はうまく反応できなかったのですが、気にかけてもらっているという安心感がありました。

養護の先生は、細かいことは触れずに「これ読んでみてください」とマンガを貸してくれました(『聖☆おにいさん』)。読んでみると、くだらないギャグマンガで、かなり気持ちが紛れました。相手に負担をかけない気遣いが本当にありがたかった。

その他、話したくなったらいつでも連絡ください、と声をかけてくれる先生方もいました。


(3)対話の機会があったこと

職員が集まって、考えていることを話し合う機会がありました。

対話を通じて、自分だけではない、同じようなことを感じている人が他にもいる、ということが分かり、少し客観的に自分を見ることができました。

また、自分の考えを聞いてもらえた、受け入れてもらえた、と感じたことで、その後ずいぶん気持ちが楽になりました。

「聞く」ことの効用は頭ではわかっていましたが、自分が当事者になって、改めて実感した次第です。


(4)スクールカウンセラーの専門的な知識の共有があったこと

しばらくしてから、スクールカウンセラーの方の話を聞く機会を得ました。

その先生によれば、

食欲低下や睡眠不足、手足の震えなどは生命の危険を察知した動物としての本能的な反応である、

危険を察知した動物の反応は一時的なもので、すぐ収まるが、人間の場合原因が心であるため、しばらくはそれが続いてしまう、

だから自分がおかしいと思うのではなく、それが普通なんだと現状をありのままに受け入れ、時間が経って緩和するまで、負担を減らしていくようにしていくのがよい、

のだそうです。

こういう、知識理解からのアプローチは、自分の置かれている状況をより客観的に分析するのに有効でした。


その他、学校外で引き受けていた仕事を辞退したり、学校にいる時間を極力減らして遊びに出かけたり、春休みに思いきって旅行に出かけたり、

とにかく仕事から離れることだけを集中的に考えて、ようやく前向きな気持ちになれるところまで戻ってきました。


さて、今回の経験をふまえて、助けられた部分はいろいろあるのですが、もっとこうだった良かった、という点もいくつかあります。

次回はそのあたりについて書いてみたいと思います。



「木曽最期」での話し合い

高校一年生の古典で「木曽最期」を読みました。
生徒に、テキストから読み取れる当時の武士の死生観について考えてもらいました。

・大将がかっこよく死ぬのが一番
・自分の命よりも後世で受ける評価の方が大切
・死に対する二面性がない、全員が一致して死に対して肯定している
・死ぬことが自分の主人のため
・精神的な死と肉体的な死が切り離されている
・死は勇ましいもの
・自分で死を決断することが名誉

このような意見が挙がってきました。

このあと「この死生観は、現代まで継続しているか、それとも断絶しているか」と質問してみました。

さらにいろいろと意見が出て、

・太平洋戦争の時まで継続していたと思う、終戦後に一気に価値観が変わった
終戦を境にだんだん薄れてきたが、完全には無くなっていないと思う
・「二面性がない」という意見があったが、昔から二面性はあったと思う。むかしも死に対して否定的な考えの人はいたが、ただ、そこにフォーカスされた記録がないだけ

例えばこのような意見が出て、考えを深めるきっかけを作ってくれました。

今回は短い話し合いだけでしたが、こういう古典を使った概念的な探究単元をもっとやっていきたいと思いました。