Senobi

私立の中高一貫校で国語を教えています。IB=国際バカロレア、RW=Reading Workshop、WW=Writing Workshop、P4C=子どものための哲学

先行実践の著作権について~『ラクイチ授業プランができるまで』⑨

前回の記事では、公表された著作物や生徒の成果物の扱いについてまとめました。

senobi.hateblo.jp

 

一番難しいのは、先行実践の扱いです。

先行実践の著作権についてはどう考えればいいのか、まとめてみたいと思います。

 

全くのオリジナルはあるか

普段から、全くのオリジナルで授業をすることなど、そうそうありません。

多くの実践本が出ていますし、ウェブ上でも様々な実践が公開されています。

また、同僚の行っている実践を参考にするケースもあります。

それらを時にはそのまま使ったり(追試)、アレンジを加えたりしながら、自分の授業を組み立てていきます。

どこまでを自分のオリジナルの授業と言ってよいのか、その線引きは難しいところです。

実践を本に載せたい場合は、このあたりを慎重に考えなければなりません。

 

(1)先行実践をそのまま使いたい

著作物やウェブサイトなどで公表されている他者の先行実践を、そのまま自分の本に使いたいというケースです。

この場合は、もちろん勝手に載せてはいけません。

実践考案者の方に直接確認をとる必要があります。

本のコンセプトを説明し、許可を得てはじめて掲載可能になります。

ただし、すでに著作物として出版されている場合、利益が競合することになるため、許可を得ることは難しいのではないかと思います。(出版社同士の話し合いになることもあります)

もちろん、許可を得たとしても、載せる際には実践考案者の方のお名前や、出典を載せることが必須です。

自分の実践だと読者に誤解されるような書き方になってはいけません。

 

(2)アレンジした内容を載せたい

ある先行実践をふまえつつ、アレンジした実践を載せたい場合です。

この場合は、どの程度アレンジが加わっているかによって対応が変わります。

少しのアレンジを加えただけで、授業アイデアの大部分(とくに授業の核になる部分)が変わっていないのであれば、それは(1)と同じとみなし対応する必要があるでしょう。

一方で、先行実践から発想のヒントは得つつも、そこから自分なりのオリジナリティを加えた実践であれば、それは自分の実践といってよいと思います。

特別許可をとる必要はありませんが、誰の何を参考にしたのか書いておくのが礼儀です。

迷うような場合は、許諾の確認をとっておくと確実です。

 

(3)誰が最初に考案したのかがわからない実践

いわゆる「定番」というやつですね。

あまり定番ばかり載せては、新たに本を作る意味はないのですが、時には定番のものでも載せたいということがあります。

今回の本づくりでは、特定のグループでよく行われているもの(TOSSの、口に二画足す、のような)は載せないようにしました。

一方で、いろいろなところで実践されていて、誰が最初に考案したのかわからないものついては、自分の知る範囲で一番参考にした書籍やウェブサイトの情報を載せることで対応しました。

ラクイチ国語』で言えば、故事成語を4コマ漫画で表現する、など授業プランがそれにあたります。

 

気をつけるポイント

今回の本づくりで気をつけたのは以下の点です。

①先行実践者のアイデアを、自分たちのアイデアのように表現していないか

②先に発売された著作物の利益を侵害していないか

③参考にさせていただいた先生方に失礼にあたっていないか

④先行実践や参考文献の出典が正確に記されているか

教育実践の著作権については、議論の余地があるところだと思いますが、このようなことに注意していけば、大きく間違うことはないと思います。

 

育児生活4ヶ月

今日で4ヶ月になります。

まだ首はすわっていないのですが、体の動きがますます大きくなってきました。

両手でものを持てるようになったり、握ったものを引っ張られても離さないくらいの力がついてきました。

あと、何でもなめるようになってきましたね。
赤ちゃんが外の世界を確かめるための手段なのだそうですが、指だけでなく、おもちゃやガーゼなど、近くにあるものをすぐに口に持っていこうとするので、少しひやひやします。

最近は、寝たままの姿勢でいるよりも、抱っこが好きなようです。
甘えるのを覚えてきたのかな。
寝かせたままで手を離すと、すぐにぐずり出してしまいます。
で、たて抱きでだっこするとすぐに泣き止む。
完全に寝るまで抱っこし続けないといけなくなりました。
(寝たかな、と思ってベッドに下ろそうとすると、ぱっと目を開けて泣き始める、というフェイントを何度もくらいます)
だんだん体重が重くなってきて、長時間の抱っこは疲れるので、体力勝負ですね。

そして、まさに今日なのですが、初めて寝返りができました!
これまで足を持ち上げて左右に振ったり、そのはずみで横向きに寝るところまではできていたのですが、
今日何気なく眺めてたら、そのままくるりとうつ伏せになりました。
妻と、「あれ?これ寝返りだよね?」と思わず見合ってしまいました。
こんなにあっさりと。

まだ自分で戻れないので、戻してあげないといけません。
その後も、できるようになった動きを楽しんでいるのか、自分で何回も寝返りしてました。

赤ちゃんの動きがどんどん激しくなるので、ますます目が離せなくなります。

授業実践本の著作権について~『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑧

授業実践本を作る際に、十分意識しなければならないのが著作権についてです。

ここをいいかげんにしてしまうと、後で大きな問題になりかねません。

 

本に載せたい内容の中で著作権に関連することとして、

「公表されている著作物」「生徒の成果物」「先行授業実践」の3つについて考えてみたいと思います。

 

公表された著作物について

教師が授業内で著作物を使う場合は、著作権の制限規定に当たるため、著者や権利者の許可をとる必要はありません。

だからこそ、本の一部をコピーして配ったり、教材プリントにしたりできるわけです。

ただ、普段からこのように著作物を使うことに慣れているため、他者の著作物について認識が甘くなってしまうということも起こりえます。

この点は、以前の記事でも少しふれました。

senobi.hateblo.jp

 

さて、自分の本に他人の著作物を載せたい場合は、当然著作権者の許諾を得る必要があります。

その場合、著者または著作権を管理している団体に連絡しなければなりません。

著作物を取りまとめている管理団体に一定の金額を支払うことで載せることができる、というケースもあります。

 

これは文章だけでなく、図やグラフ、イラスト、写真などについても同じです。

インターネットで拾ってきた画像をそのまま載せる、ということは、授業プリントではできても、本を作るときにはできません。

(フリー素材であっても、出版物に載せる場合には連絡が必要、などとしているところが多いです)

 

もちろん、出典を明記した上での引用であれば載せることができます。

そのため、本に他者の著作物を使いたい場合は、それが適切な引用にあたるのか、引用の範囲を逸脱していないか、常に確認していく必要があります。

 

生徒の成果物について

作ろうとしているのは授業実践の事例集です。

実際に行った授業で、生徒がどのような成果物を作ったのかを示した方が、読者である先生に授業のイメージが伝わりやすくなるかなと考えました。

 

ここで注意しなければならないのは、成果物の著作権は生徒自身にあるということです。

プリントを回収したとしても、著作権が先生の側に移るわけではありません。

そのため、生徒の成果物を本に載せたい場合は、それを作った生徒の許諾を得る必要があります。保護者にも連絡をしておくと確実です。

当然ですが、生徒の著作物ですので、勝手に改編してはいけません。

 

また、本に載せる際には、生徒の名前などの個人情報について十分に配慮する必要があります(著作権とは別の話ですが)。

 

ここまでは基本なのですが、悩ましかったのが「先行授業実践」をどう考えるか、という問題でした。

長くなってきましたので、次回に続きます!

 

七夕の夜

七夕の夜に、願いごと。


まずは、コロナウィルスや豪雨災害で大変なことになっている世の中が、少しでも早く落ち着きを取り戻せますように。


次に家のこと。

赤ちゃんはもうすぐ4ヶ月になります。

先月はちょっとお腹を壊したり、熱が出たりということはありましたが、

すっかり回復して、ご機嫌な時間が増えてきました。

病気や怪我なく、無事に大きくなってくれますように。


受験生のこと。

ずっと持ち上がってきた学年が、今年受験を迎えます。

うちの学校で、はじめてDPの最終試験もあります。

私は今年度育休のため、仕事を離れてしまいました。

また、コロナウィルスの影響で入試がどうなるのか先が見通せません。

受験生の不安を思うと、辛い気持ちになります。

そんな中でも、推薦書を書いてほしいとか、小論文を見てもらえないかなど、ちらほらメールで連絡がきます。

自分にできることはわずかですが、少しでもサポートしたいと思います。

逆境をたくましく乗り越えて、みんなが希望の進路につけますように。


本のタイトルを決める~『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑦

(前回までのあらすじ)

急な授業代行や授業準備の時間が取れなかったとき、1時間完結ですぐに実践ができ、かつ楽しい授業プランを集めた本を作る。

本のコンセプトがかたまり、ページのフォーマットができ、執筆メンバーも集まりました。

 

授業実践を持ち寄る

月に1回程度のミーティングとし、まずは使えそうな授業プランをみんなで持ち寄ることにしました。

目標の掲載数は50本。

見開きで1つの授業プランが載っていて、全体で120ページほどのイメージです。

 

最初の勢いはよかったのですが、いざやってみると大変でした。

というのも、持ち寄った授業アイデアをすべて載せられるわけではない。

 

ミニネタとしては面白いんだけど、明らかに1時間もちそうにない。

また、凝りすぎていて1時間では終わらない。

勉強にはなるが、単なる学習プリントのようであまり楽しそうではない。

著作権的にまずい(著作権に関しては後日書きます)。

などなど、自分で決めたコンセプトではあるのですが、そのしばりに合致せず、ボツになっていく授業アイデアが続出します。

そして、結果としてこの作業は校正ぎりぎりまで続くことになるのでした。

最終的に、50本の授業プランを載せたのですが、30本以上不採用になったものもあります。

 

授業実践本のタイトルについて

この段階では、まだ本のタイトルは決まっていませんでした。

編集者さんからは、何かいいタイトルを考えておいてくださいね、とは言われていたのですが、なかなかそれが難しく。

 

ちなみに最初に企画書を書いた段階で、自分の考えた仮タイトルが「急場をしのぐ授業案」という意味をこめた「しのぎ案」でした。

編集者さんから、さすがにこれはちょっと…ということですぐに却下されましたが。

 

授業実践本のタイトルって、ストレートな名前が多いような気がします。

「子どもがどんどん自分から発言するようになる! 中学国語 授業アイデア50」のような(これはいま私が適当に考えたものです)。

実際に、編集者さんからもこれに近いようなタイトル案を提案されました。

 

余談ですが、なぜタイトルが長くなる傾向にあるのか、編集者さんからその理由を聞いたことがあります。

原因は、ネット販売が広まったからです。

Amazonなどで表紙の画像を見て買うかどうかを決める人が多いため、表紙やタイトルになるべくいろんな情報を盛り込むようになっていったそうです。

授業実践本は、校種や教科によって買う人が限定されます。

その人たちの手がちゃんと動くように、「中学」「国語」と載せる必要があるとのことでした。

 

本のタイトルを決める

ただ、自分としてはもっとキャッチーな名前にできないかなと考えていました。

「1時間で完結する」「準備が不要」「誰でも実践できる」授業という、大げさに言えば新しいカテゴリーに名前をつけるようなことはできないかなと、いろいろ思いめぐらせていました。

 

そんな中、前任校で仲良くしてもらっていた1つ上の先輩と飲む機会がありました。

その先生は日本史が専門です。

「今こんなことやってるんです」「何かいいタイトルないですかね~」なんて話してみたところ、

「『ラクイチ』なんてどう? 楽に1時間でできる授業だし」というアイデアをいただきました。

楽市楽座からとったんですね。

もう最初に聞いたとき、ぴったりだと思いました。

「ちょっと『ラクイチ』の本貸して」とか「次の時間『ラクイチ』から何かやってみようかな」というように、職員室での使われ方まですぐに想像できました。

カテゴリー化としてもばっちりです。

「それいいですね!」と、自分の中ではもうそれしかないくらいに気に入りました。

 

その先生には、その後『中学社会 ラクイチ授業プラン』の執筆代表をお願いすることになります。

 

「指導案」にはしたくない

ラクイチ」の後をどうするか。

授業実践本といっても、いろいろなタイトルのつけ方があります。

指導案、授業案、実践事例集、授業アイデア

はじめから「指導案」にはしたくないなと思っていました。

研究紀要の場合などは指導案でも良いと思いますが、「指導」という言葉に教師主導の重たいイメージがつきまといます。

フォーマットづくりの時に意識したように、むしろ既存の指導案のフォーマットは避け、実践のハードルをなるべく下げることに気を配っています。

いろいろな組み合わせを試してみましたが、カタカナ中心の方が若手の先生に手に取ってもらいやすいかなと、「授業プラン」でいくことにしました。

 

ラクイチ授業プラン」タイトルの完成です!

 

実際には、この後編集者さんとのやり取りがもう少しあります。

編集者さんの希望としては、「中学国語 ラクイチ授業プラン」だけだと、どういう本かよく分からないから、もっと分かりやすいタイトルが良い、ということでした。

自分としては「ラクイチ」のネーミングを外したくなかったので、折衷案としてタイトルの前に文言を足すことにしました。

ラクに楽しく1時間」というフレーズです。

こういうふうにコンセプトを示しておけば、どういう本かも伝わるのではないかという狙いです。(音を7・5にして読んだときのリズムも意識しました)

 

最終的に、本のタイトルは「ラクに楽しく1時間 中学国語 ラクイチ授業プラン」に決まりました。

 

結果的に、このタイトルにして良かったと思っています。

発売後、知り合いの先生方から「『ラクイチ』読んだよ」とか、同僚からも「『ラクイチ』授業で使ってみました」とか、

編集者さんとのミーティングでも「次の『ラクイチ』どうしましょうか」のように、とっても使い勝手がいい名前です。

「しのぎ案」にしなくて良かった(笑)

タイトル一つにこだわる、いい経験になりました!

 

今週の名文(9)

たとえば「集団になじめないなら別室登校でも」という対応を、甘やかしと見る人もいるだろう。でも、寄り添うとは、あくまでも本人の意思を尊重し、自分で前に進んでいけるように見守ること。時間はかかるが、子どもの心がささくれず、しっとりしていくことにつたがる


西川孝治(大阪市立市岡中学校長)さんの言葉。子どもの心がしっとりする、っていう表現いいなあ。朝日新聞6月28日より。





「やさしい日本語」の本質は、いかに分かりやすく伝えられるか。それは本来、外国人や子ども向けに限らない話だ。コツが三つあるという。①文章を短くする、②伝えたいことを最初に言う、③書き換えたものを客観視する。特に、英語などのシンプルな構文に書き換えられるかを考えると効果的だという。「心がけ次第で、誰でもできる。外国ルーツの子どもが増えるなか、とくに学校の先生には、ぜひトレーニングしてほしい」


NHKニュースを「やさしい日本語」に直す山屋頼子さんの記事。6月29日朝日新聞。この三つのコツは、生徒にぜひ身につけてほしいスキルだ。



プロデューサーのゲイル・ハードと僕は、二つのレベルでうまくいく映画をつくろうと決めたんだ。まずは、12歳の子が、こんなイケてる映画見たことないって思うような、結末めざしてまっしぐらのアクション映画として。そして、スタンフォード45歳の英文学教授には、ある種の社会的政治的(ソリオポリティカル)な意味合いが隠されていると思ってもらえるようなSF映画として。


戸田山和久『教養の書』で引用されていた、ジェームズ・キャメロンの言葉。この2種類の読み方をどう楽しめるか、授業でもそこが探究のしどころになる。



小説として人物を描写するということを星さんは全然してらっしゃらないので、そのせいでなかなか評価されにくかったような気がします。エヌ氏とエフ博士のどこがちがうのか全然わからないし、どんな人なのかもわからない。「人物」ら全然書いてらっしゃらない。でも、根本的に「人間」を書いた作家だと思います。顔のある、個性のある人物は書いていないけれども、人間を代表する人間を書いている。だから、イソップ物語が古くならないのと同じように古くならないんだと思います。


◯昔買った文芸誌の星新一特集で、新井素子さんが語っていた言葉。

星新一ショートショートはたまに授業で使うけれど、ほんと生徒の反応がいい。


【読書】『西洋美術史入門』国語の授業でも使えるアイデア

先日の筑摩書房のセールで買った本を次々読んでいるわけですが、

池上英洋『西洋美術史入門』(ちくまプリマ―新書)も、生徒に進めたくなる一冊でした。

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

 

 

 

私も作品についての知識はいくらかもっていますが、

その作品がなぜ価値があるのか、またどのような社会的文脈のもとに描かれたのか、とったところまではよくわかっていませんでした(『教養の書』でいう「クイズ的な知識」止まり)。

この本では、作品の鑑賞方法だけにとどまらず、美術史の中での位置づけや、社会のニーズがどこにあったのか、といった観点から作品を読み解きます。

そのため、より広い視点から美術をとらえることができます。

 

例えばミレーの〈落穂拾い〉について。

この絵の主題は、のどかな農村風景にあるのではなく、広大な農地を管理する大地主と、集め洩らした穂を拾う貧しい農民の階級差である、

そして当時「貧しい貧困層」の主題が求められたのは、富裕層が慈善行為をアピールする目的があった(死後の救済につながる)、

とかいう説明を読むと、自分がいかに近代以降の、作品は作者の自己表現で、絵の鑑賞は趣味で行うものだ、という価値観で見ているのかがよく分かります。

 

この本では、絵の「読み方」がいろいろ登場します。

本書の最初に紹介される絵の読み解きの基本は、国語の授業でやっても面白いなと思いました。

 

一つは「スケッチ・スキル」

ある作品をみながら、それをノートにスケッチする活動で、絵を見て短時間で小さな略図に直す活動だそうです。

そして、特徴的な色づかいやモチーフなど、気づいたことを情報として言語化して書き込んでいきます。

国際バカロレア(IB)の課題では、広告ポスターや写真の分析などを行うことがあります。

また、視覚教材は国語の授業でもこれからもっと使われるようになってくるでしょう。

視覚教材の分析の前段階として、この「スケッチ・スキル」を取り入れた活動は試してみたいなと思いました。

 

もう一つは「ディスクリプション・スキル」

「視覚情報を言語情報に変換すること」です。

生徒は二人組になり、片方は机に頭を伏せておく。

片方の生徒にモニターで図を見せる。

図を見た生徒は、文章だけでその図を説明する。

文章が書けたら、ペアの生徒に見せて、文章から図を再現してもらう。

という課題。

図を変えたり、何度かトライしていくことで、徐々に上達していくのだそうです。

 

これらは美術作品を「読む」ための基礎的なトレーニングなのだそうですが、国語の授業にも共通するところがありますね。

ゲーム感覚で取り入れてみたいと思いました。