Senobi

私立の中高一貫校で国語を教えています。IB=国際バカロレア、RW=Reading Workshop、WW=Writing Workshop、P4C=子どものための哲学

ラクイチ

本がつなぐ縁、広野先生のこと~『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑩

授業実践本『ラクイチ授業プラン』を作るにあたり、これまでに出版された類書を買い集め、研究をしました。 そんな中、Amazonですごい本を見つけました。 広野昭甫『学習意欲を高める ことば遊びの指導』(教育出版、1982年)です。 ことば遊びの指導―学習意…

先行実践の著作権について~『ラクイチ授業プランができるまで』⑨

前回の記事では、公表された著作物や生徒の成果物の扱いについてまとめました。 senobi.hateblo.jp 一番難しいのは、先行実践の扱いです。 先行実践の著作権についてはどう考えればいいのか、まとめてみたいと思います。 全くのオリジナルはあるか 普段から…

授業実践本の著作権について~『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑧

授業実践本を作る際に、十分意識しなければならないのが著作権についてです。 ここをいいかげんにしてしまうと、後で大きな問題になりかねません。 本に載せたい内容の中で著作権に関連することとして、 「公表されている著作物」「生徒の成果物」「先行授業…

本のタイトルを決める~『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑦

(前回までのあらすじ) 急な授業代行や授業準備の時間が取れなかったとき、1時間完結ですぐに実践ができ、かつ楽しい授業プランを集めた本を作る。 本のコンセプトがかたまり、ページのフォーマットができ、執筆メンバーも集まりました。 授業実践を持ち寄…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑥

執筆メンバーを集める 基本的な紙面構成が決まったところで、メンバーをどうしようか、ということになりました。 一人で書く、ということも考えられるのですが、それだと授業アイデアが偏ってしまうおそれがあります。 そのため、なるべくチームでやりたい、…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで⑤

ページ見本の作成 無事に企画が会議を通り、本を出しても良いということになりました。 その次に行ったのが、ページ見本の作成です。 1時間で完結する、すぐに使える授業プランをたくさん載せたい、というのがもともとのコンセプトです。 そのため、見開き2…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで④

先輩に相談する コンセプトが固まり、いざ本を作ろうと思っても、どこから手をつけて良いのかわかりません。 ただ、幸運なことに、大学の同じサークルの先輩が、学事出版で編集者をやっていたのです。 その先輩に連絡をとり、一度相談に乗ってもらえないかと…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで③

類書のリサーチ 忙しい先生に向けて、授業準備をする時間がなかった時のお助け本、というコンセプトは決まりました。 需要はありそうだと思ったのですが、すでに同じような本が出ていないか、調べてみる必要があります。 中学国語の授業本を調べてみると、主…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで②

今日は、なぜ本を作ろうと思ったのか、について書いていきます。 楽しい授業がしたい 中高一貫校に勤めており、ずっと中学生の授業を担当してきました。 多くの先生と同じように、私も昔から楽しい授業がしたい、と思い、 機会があるごとに、ゲーム性のある…

『ラクイチ授業プラン』ができるまで①

3年前に、学事出版から『ラクに楽しく1時間 中学国語ラクイチ授業プラン』という本を出しました。 中学国語ラクイチ授業プラン 作者:ラクイチ国語研究会 発売日: 2017/08/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) これは、私の「こんな本があったらいいな」とい…