Senobi

私立の中高一貫校で国語を教えています。IB=国際バカロレア、RW=Reading Workshop、WW=Writing Workshop、P4C=子どものための哲学

PYP・MYP・DPって何?~国際バカロレア入門④

前回までに、IBの使命や10の学習者像について紹介しました。

IBでは、年齢によって異なるプログラムが用意されています。

それがPYP・MYP・DPと呼ばれるものです(略称ばかりですみません)。

 

PYPって何?

PYPとは初等教育プログラム(Primary Years Programme)のことで、3歳~12歳が対象です。

特徴的で面白いなと思うのは、教科横断的なテーマが決められており、こどもたちがいろんな教科のアプローチを使って探究するような仕組みになっています。

そのテーマとは、

私たちは誰なのか

私たちはどのような時代と場所にいるのか

私たちはどのように自分を表現するのか

世界はどのような仕組みになっているのか

私たちは自分たちをどう組織しているのか

この地球を共有するということ

  (『PYPのつくり方』より)

の6つです。

ずいぶん抽象的で、小学校からこういう問いに向き合うのか、と驚きますね。

IBによればこういうテーマについて探究することで、概念理解を促したり、国際的な視野をもつ人間を育てるのだそうです。

PYPの教科としては、言語、社会、算数、芸術、理科、体育の6つがあります。

 

MYPって何?

さて、次はMYPです。中等教育プログラム(Middle Years Programme)のことで、11歳~16歳までの5年間で行います。

学習する教科は以下の8教科。( )内は日本での教科名をあてはめた場合です。

・言語と文学(国語)

・言語の習得(外国語)

・個人と社会(社会)

・理科

・数学

・芸術(音楽・美術)

・保健体育

・デザイン(技術・家庭)

PYPのような教科横断的なテーマはありませんが、どの教科でも概念学習、探究学習をすることが必須です。

私は勤務校では主に、MYPの「言語と文学」を担当しています。

(ブログの記事もそれ関係が中心です)

 

DPって何?

最後、DPはディプロマ・プログラム(Diploma Programme)のことで、16歳~19歳が対象です。

2年間履修し、最終試験で一定の成績を取ることで、国際バカロレア資格(ディプロマ)を取得することができます。そしてこのディプロマが国際的に使える大学入学資格になります。

科目に関する細かい要件はいろいろあるのですが、大雑把にいうと、

・言語と文学(母国語)

・言語習得(外国語)

・個人と社会(社会)

・理科

・数学

・芸術

 

の6つのグループの中から1教科ずつ選択し、学習します。

文系・理系というような区別はありません。

教科の学習以外にも、卒業論文の作成、TOK(知の理論)、CASと呼ばれる活動があり、生徒はかなり大変です。

 

日本での運用のされ方

それぞれに対象年齢や実施期間が定められており、日本の学校制度とも微妙にずれています。

インターナショナルスクールなどでは、その年齢に合わせたプログラムを行っているようですが、小・中・高それぞれ分かれた学校ではなかなかそうはいきません。

一概には言えませんが、高校だけでIBをやっている場合、1年生の時は準備期間とし、高2、高3の2年間でDPを行っているところが多いです。

中高一貫校でIBをやっている場合は、中学1年生~高校1年生までの4年間でMYPを行い(厳密に5年でなくてもよい)、高2、高3でDPに移行します。

数は多くありませんが、小中一貫校であれば、小1~小5まではPYP、小6~中3までMYPという運用が可能です。